このエントリーをはてなブックマークに追加

【FEATURE】品よく差をつけるタックインStyle

 

最近は街中でも随分見かけるようになりましたタックインスタイル。

SessionBLOGでも度々登場しておりますが、

あれってどうやったらうまくいくの?的なご質問を頂いておりましたので、

タックインについて特集させていただきます。       

 

そもそもタックインとは、TUCK IN = しまい込むという意味で、

洋服業界ではトップスをボトムに突っ込むことを指します。

 

ビジネスシーンでは当たり前という感じですが、

ちょっとしたコツを取り入れれば、普段のカジュアルにも活かせるトレンド感抜群のテクニック!

 

タックイン自体が綺麗めに見えることから、

ラフに偏りがちな夏コーデに変化をつけたい、、って時にとっても便利!

 

では、タックインコーデが上手くいくコツ4選行きましょう!!

 

その1 トップスの裾にはナチュラルなクッションを作る

とりあえず、第一のコツは、トップスの裾を綺麗に入れ込みすぎないこと!

 

これに尽きますね〜!

 

真面目に入れてしまうとあれですね、、、

うーん、、、??

上の画像のように、なんだか頑張りすぎちゃった感出るので、、、注意が必要です!

 

理想は、裾がふんわりと自然にクッションしている感じ。

 

裾は、鏡を見ながら調整してもいいのですが、それはそれでめんどくさい。

 

実はもっと簡単な方法があるのでやってみます!

 

一回裾を入れた後、、、、

こんな感じで背伸びすると、全体に裾が浮き上がり、、、

ゆとりのある、お洒落バランスに。

ちょっとしたことなのですが、簡単なのでお試しを。

 

 

 

その2 トップスは程よくゆとりのあるサイズを

前述の”裾をゆったりさせる”ためにも、トップスはゆとりのサイズ感を選ぶのがポイント。

今季だと、LOUNGE LIZARDのコンフォートシリーズや、、、

ニット調のちょいゆる5分袖トップス、、、

  
  

とろみのあるレーヨン素材のシャツ、、、

 



あと、WE MARKのトップスなんかもタックイン向きと言えるでしょう。(ちなみに私はLサイズにドボン)

 

 

 

その3 ボトムは 股上深めorゆとりのあるサイズが好相性

ボトムのチョイスは、ローライズすぎず、適度にゆとりのあるタイプがオススメです。

今季は、股上が深いボトムが多いので大体タックインに向いていると言えますが、

中でもお勧めは、、、

 

ベルト付きのドライウェザースラックスや、、、

 


スポーツテイストをMIXしたストライプトラウザーズ、、、

 


そしてデニムイージーパンツなんかも意外に使い易い!

タックインスタイルの場合、ワンサイズアップで、ウエストにゆとりを持たせる履き方もありですね。

いつも選ぶサイズ以外で、おしゃれを楽しむのも新鮮ですので、

この辺りは、是非店頭で比較してみてください!!

 

 

その4 ベルト&小物使いで洒落感を1UP。

ウエスト周りがすっきりと見える分、

腰回りの小物が活かしやすくなるのも、タックインスタイルの魅力といえるでしょう。

 




ロングベルトや、ウォレットチェーンといった、

腰回りのアイテムがビシッと活きてくるはずですね!

夏場のコーディネートにワンポイントを添えてみるのもオススメ。

 

 

ちなみに応用編として、、、

前裾だけを突っ込む、ラフな”フロントタックイン”や、、、

 

パリコレとか見てる方にはお馴染み、、、

片裾だけ突っ込むモードな”ハーフタックイン”なんかもあります。

 

カットソーなのか、シャツなのか、ニットなのか、、、

この辺はタックインするアイテムによって、使い分けるのも楽しいので是非取り入れてみて下さい!

 

それでは本日はこの辺で。。。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事