このエントリーをはてなブックマークに追加

【WEBLOG】TVA x MACROMAURO #1

 

こんにちは。

 

今日は早めの更新!

 

“The Viridi-anne 19SS”より到着したこちらのご紹介です!!

THE VIRIDI-ANNE x MACROMOURO  | COLLABORATION BACK PACK | JPY58000+tax

 

SESSIONでもお馴染みの”The VIridi-anne”と、

今、バッグ界で大注目を浴びる気鋭のブランド、”macromauro(マクロマウロ)”との限定コラボアイテム!

 

その前に”macromauro”って何?

と言う方のために簡単なプロフィールを。

*macromauro / マクロマウロ

macromauroはOSAKAを拠点とするブランド。
デザイナーはバッグメーカーでデザイナーを経験後、2006年にmacromauroを始動。
macromauroという名前に意味はなく、常にデザイナーの頭の中にあるのは『秩序あるスラム街』。
一見するとただ荒廃している風景にしか見えないが、 よく見るとそこにはそこなりの規律があり、 偶然におもうことも、実は必然であるというコンセプトに基づき作品を制作している。

 

従来のバッグの既成概念を覆す、独創的な視点で作られるデザイン。

高品質な素材や、ペイントを駆使して生み出される、アーティスティックな作品がその魅力。

知る人ぞ知る国内のバッグブランドですね!

 

今回のコラボではマクロマウロが定番で展開している「Kaos」と言うモデルをベースに、

素材、パーツ、カラーリングを一新し、

ミニマルに徹底統一したデザインをリリース。

メインマテリアルには、高密度”コットンナイロンウェザー”を採用。

撥水性、堅牢性に長けた非常にタフな素材感、

いかなる洋服とも組み合わせしやすいマットな色合いが特徴です。


 

そしてこのバッグで最も印象的なのが、

フロント、サイドに走る不規則なストラップベルト。

これぞmacromauroといった感じですが、

このランダムに配されたこのベルトは、好みで位置を変えたり、絞ったりすることで、

バッグ全体の形状を自由にアレンジすることが可能。

 

見た目のインパクトを与えるだけでなく、

長年使っていく過程で、見た目の変化も楽しめるフレキシブルなデザインです。

 

メインコンパートメントは、巾着式開閉。

収納力はかなり高めで、最大でおそらく40リッターくらい入ります。

この辺は使う人、使い方次第です。

コンパクトに絞って普段使いに持つもよし、

拡張して長期の旅行対応なんかもOK。

大は小をバッチリ兼ねてくる感じです。

また、このモデルには小物を収納するのに便利な”サブポーチ”も付属。

財布(長財布もOK)、カードケース、スマホなどの

使用頻度高めなアイテムはここに収納しておくと便利。

ショルダーストラップのDカンに引っ掛けたり、サイドにまとめたりと、この辺も自由にアレンジ可能。

 

 

最後はフィッティングイメージも。


シンプルな装いでも、このバッグを背負えば、インパクト&雰囲気が5割増します。

特に軽装になってくる春夏のスタイリングでは、

コーディネートアクセントとしても威力を発揮してくれそうですね!

 

使う人によって、いろんなフォルムで楽しめると思いますので、

是非この辺は店頭でアレンジを楽しんでみてください。

 

そして、、、

実はもうひと型、メッセンジャータイプも入荷します!

 

お楽しみに。。。

それではまた!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事